夏見の小川と夏見用水

下の写真は夏見台地から海老川に流れる小川と、夏見台地の縁を流れる夏見用水です。
夏見用水は台地の東側を流れる北谷津側から水を取り入れ台地の縁の集落の人々の生活用水として江戸時代に整備されたもので、現在は側溝の蓋に覆われ暗渠となっていますが、今でも台地からの湧水を集め流れています。
これが見えるのは蓋に覆われていない台地西側部分ですが、想像以上の水の綺麗さに感動します。

小川にはヘイケボタルが、夏見用水にはゲンジボタルが生息出来る環境にある様に思います。
もしここにホタルが普通に飛んだら素晴らしいですね。

宝は意外に身の回りにある事を感じますね。