ヘイケボタルの棲める環境

ヘイケボタルは別名田んぼホタルと言われるように、棲める環境はそれ程難しいわけではありません。市内北部には豊かな自然が残り、水田地帯も広がっています。

そんな思いを抱きながら市内を見渡すと、中央部にも興味深い場所が見えてきました。何箇所か紹介します。

先づは飯山満町の倶利伽羅不動尊の湧き水と池です。

台地の下から湧き出す水はきれいで冷たくゲンジボタルも生息できそうな感じがしました。

ここは坪井東の新興住宅街の中に人工的に作られた小川ですが、実によく出来ています。流れの中にはカワニナがいました。ホタルの住める生態系を意識して作られたものだという事がわかります。

これは高根公団の調整池です、一番低い所に水辺が有ります。とても良い環境であると思います。

少しホタルの生息に必要な環境について少し人が手を差し伸べれば、間違いなく回復できます。すでにカエルは戻って来ています。先月、高根公団で聞く蛙の声は感動でした。

取り敢えず今回はこの位にしましょう。ホタルは環境が回復した象徴、トンボもメダカもタナゴもフナも、今はあまり見られなくなってしまった仲間達を何とか力を合わせ呼び戻しましょう。

農薬や農法のついての課題も有ります。今後報告しますね。