最近街がキレイになって来ているように感じます。

駅頭活動の開始は結構早いです。

大体5時半から6時ぐらいからですが、始める前にゴミを拾います。学校にいた時もそうですが、子供たちが学んだり遊んだりする場所にはゴミが落ちていてはいけないとの思いがあります。その場所を大切にしているとの思いと共に、危険な物がないか点検する必要があるからです。
退職後に市のために働こうと思い、現在に至っていますが、思いは何も変わっていません。

曜日によっては違いますが、船橋駅も津田沼駅も他の駅も、最近ひどくゴミが散乱しているという事がありません。
確かにビールの空き缶や、おつまみのカラ袋や宴の残骸、タバコの吸殻が散乱している時も有りますが、ひどい状態ではありません。

そしてきれいにしようとする人々も結構います。
ゴミ箱を処理する皆さんもそうですが、タバコの吸殻や路上のゴミを集める皆さん、自転車の管理をする合間に掃除をしている皆さん、地域でも早朝にグループで清掃活動をする皆さん、環境保全運動をしている皆さんも日にちを決めて大掛かりな清掃活動をしています。そしてサラリーマン風の方がほうきを持って掃いている姿も見ます。

船橋の街がこんな風にきれいになる事は本当に嬉しいです。沢山の市民の皆さんがこの街を大切にし、安全に幸せな思いで暮らす事ができるよう願っていると思えるからです。これこそが街づくりの最も大切な部分だと思います。

下の写真はゴミ一つない駅前の広場や、キレイにしている皆さんの姿を撮らせて貰ったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です