二重川の草刈りをやっています。

我が家に近くを流れている二重川は小室の先で神崎川に合流する船橋市と鎌ケ谷市、白井市の境を流れている川です。

以前も紹介しましたが、自分が子供だった50年前はきれいな川で、魚を捕ったり泳いで遊んだ川でした。
それがいつしかドブ川になり、魚が消えた時代があり、今に再び水がにきれいになり魚達が戻って来ました。まだドブ川と思っている方も多いですが、毎日早朝散歩を楽しんでいる皆さんはきれいになって来ている事を知っています。

「でもこの時期は草の丈が伸びて川面が見えないのよね。カワセミも見られなくて寂しい」

こんな会話が良く聞かれます。そうなのです、この季節以外は、地域のボランティアの方や管理している県の方が草刈りをしているのですが、夏の時期は作業を休んでいるとの事、そこで無理をしない範囲で自分も草刈りをさせてもらう事にしました。涼しい5時半から7時位の時間帯です。幸い先週は少し涼しい日が続いたので比較的刈りやすかったのですが、さすがに朝から蒸し暑い日はたまりません。でも始めてみるとたくさんの方々から声をかけて頂き疲れも吹き飛びました。

また普段は休んでいるボランティアの方も来てくれて一緒に草刈りをしました。そして、たくさんお話しもしました。本当に、こんな皆さんが沢山いて、地域の豊か自然環境を守っている事がより深く理解できました。自分も少しは役に立てれば嬉しいと思いました。刈った水面から川の中でキラキラ光るの魚が見えます。見える事って良いですよね。

「もっと近くで見えたらもっと良いのにな。」そんな事を考えながら草刈りをやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です